駆除

アライグマ駆除とイタチ駆除の両方ができる業者で対策を立てよう

家だけでなく農作被害も

作業者

家に侵入する害獣としては、ネズミやコウモリ、イタチなどの小動物がありますが、このほかにも、アライグマやハクビシンなど猫ぐらいの大きさのある動物がいます。いずれの動物も家に侵入することで糞尿を撒き散らし、衛生状態が悪化しますし建物への影響も大きくなります。このため、害獣には侵入されないようにする必要があります。害獣が家の中に侵入する場所は換気のために開けた場所であり、床下や屋根裏が中心です。小動物の場合には、小さな隙間でも侵入しますが、アライグマやハクビシンなど比較的大きな動物はある程度の穴を塞げば侵入を防ぐことができます。また、侵入箇所がわからない場合には、忌避剤や燻煙剤を使って駆除するという方法もあります。または害獣の専門家に相談しておけばアライグマ駆除とイタチ駆除の両方で対策を取ることができるでしょう。

家に侵入する害獣として比較的大きさのあるものでは、アライグマがあります。アライグマは、外来種で1960年代に輸入されたものが野生化したもので、その個体数を増やしています。特にアライグマは、繁殖力が強く農村地帯から市街地まで、あらゆる場所で生きていける力を持っています。比較的大型ですので、家に侵入すると糞尿の衛生状態の悪化のほか、屋根裏を歩き回る騒音や営巣による家の破壊などがあります。アライグマを駆除するには、家に侵入させないようにすることで、防ぐことができます。一方でイタチは、屋外での行動するためゴミを漁ったり、農作物を食い荒らすといったことをする場合があります。このため、人間の生活圏から駆除する必要があります。害獣であるイタチ駆除は罠を仕掛けて捕まえるほか、電気柵の設置などがありますが、いずれも素人が行うのには難しく専門の業者に依頼するのが無難です。

身近な害虫を排除する

ハチ

スズメバチに刺された後は激しい痛みに襲われます。駆除の前に抗ヒスタミンなどの薬を用意しておきましょう。ベランダに蜂の巣ができている時は、まず蜂駆除の専門業者に撤去を依頼しましょう。防護服を購入せずに済みます。

自分で駆除してみよう

蜂から逃げる人

アシナガバチは巣が小さい時は、自力で駆除することができますが、万全の防護服などの準備や知識をある程度持っておくことが必要です。弱いですが、毒は持っているので、刺されないように露出をなくして駆除に臨んでください。

早急に対策を

アリ

蟻は住宅のあらゆる部分を蝕むので放っておくと大変なことになりかねません。もし住宅の中で蟻を見つけたら早い段階でプロの業者に頼んで駆除してもらいましょう。口コミを参考にして、複数の業者を比較して見積りも出来ます。